治療の種類

  セラミック治療の種類

セラミック治療の種類としては、セラミックを使用した「クラウン(被せる)」、セラミックを使用した「インレー(詰める)」、セラミックを使用した「ラミネートベニア(貼る)」、セラミックの粒子を配合した高品質なコンポジットレジンを使用した「ダイレクトボンディング(充填)」、グラスファイバーとレジンによる「ファイバーコア(土台)」があります。


クラウンは一般に被せ物と呼ばれています。保険治療のクラウンの場合、奥歯では金銀パラジウム合金の「銀歯」またはプラスチックの「ジャケット冠」。前歯では表側がプラスチックで裏側が金属の「硬質レジン前装冠」を使用します。しかし銀歯は「錆び」「劣化」「変形」を生じることがあり、「二次むし歯」が発生したり、「メタルタトゥー」といい、金属成分により歯ぐきに黒いシミをつくることがあります。また、硬質レジン前装冠の場には「ブラックマージン」といい、歯と歯ぐきの間から金属が黒いライン状に見えてしまうようになり、審美性を損ねてしまうことがあります。

しかしセラミック治療のメタルフリー治療ではこのようなことは一切ありません。自然な白さ、透明感、天然の歯のような審美性を再現でき、なおかつセラミックは変色、変形、錆びなどの心配もありません。ジルコニアセラミッククラウン、オールセラミッククラウン、ジルコニアクラウンなどがあり、まとめて「セラミックの歯」などと言われます。

前歯のセラミッククラウン

奥歯のセラミッククラウンブリッジ


ジルコニアセラミッククラウン

「ジルコニアセラミッククラウン」は、表側が透明感のある美しさのセラミック、裏側が金属以上の強度のあるジルコニア(セラミックの一種)となっており、美しさと強さを兼ね揃えた現在最も質の高い治療と言えます。

オールセラミッククラウン

「オールセラミッククラウン」は、全てがセラミックでできたクラウンのことです。強度はジルコニアより劣りますが、特に美しい仕上がりを実現できるクラウンです。

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウンは、全てがジルコニアでできたクラウンです。人工ダイヤモンドともいわれるジルコニアは、非常に高い強度があります。そのかわりに、審美性はセラミックよりも劣るため、強い力のかかる奥歯に使用します。

  セラミックインレー(詰める)

詰め物を「インレー」(少し大きなものはアンレー)と呼びます。保険適用の治療の場合、金銀パラジウム合金のいわゆる「銀歯」を詰めます。また、過去に治療された方の場合には、水銀アマルガムを充填されている場合もあります。銀歯はギラギラしたり灰色だったり黒っぽかったりと、審美性も悪く、劣化、錆び、腐食、変形などもおこしやすい性質があります。しかしセラミックのインレーであれば、このようなことはありません。審美性も高く、二次むし歯のリスクも低い特徴があります。 


ラミネートべニアは、まず、歯の表面を薄く削り、そこにセラミックの薄いシェルを貼り付ける治療です。歯の色を白くしたい場合や、歯の形を整えたり隙っ歯を改善したいケースにお勧めです。


保険適用の治療の場合にも、歯の欠けや、むし歯を削った後の修復治療に、ペースト状のプラスチック(レジン)を使用することがあります。歯に直接盛りつけて硬化させる(充填する)ため、スピーディに治療ができます。対して自由診療の「ダイレクトボンディング」は、さらに審美面にこだわった治療となります。充填する材料もセラミックの粒子とレジンを混合した「ハイブリッドセラミック」を使用します。ダイレクトボンディングでは、天然歯と見間違うような美しい見た目も再現可能です。


保険治療の場合、神経を取った歯には「メタルコア」といって金属の土台を差してその上に被せ物をします。しかし金属の土台には問題点がいくつかあります。

保険の金属のメタルコアの場合は ~ ①歯根破折のリスク

一つ目は「歯根破折」の問題です。金属の土台は非常に硬いため、神経を取ってもろくなった歯の根っこを、まるでくさびを打ち込んだかのように割ってしまうことがあります。歯根破折を起こすと抜歯となるため、このリスクは小さくしておきたいところです。対して「ファイバーコア」は適度なしなやかさがあり、衝撃を吸収することで歯根を壊しにくく、歯にもやさしい材料です。メタルフリーなので金属アレルギーの心配もありません。

保険の金属のメタルコアの場合は ~ ②金属のリスク(アレルギーやメタルタトゥ)

もう一つは「金属アレルギー」です。こちらも今はアレルギー症状の無い方でも将来症状が出ないとは限らないためリスクになります。あとは「メタルタトゥ」です。こちらも金属イオンが溶け出して歯茎が黒くなるリスクがあります。

ファイバーコアの場合
メタルコアの場合

保険の金属のメタルコアの場合は ~ ③審美性の問題

最後に審美性の問題があります。金属は光を通しません。そのためせっかく美しい透明感のあるセラミックの歯を選択しても、金属のメタルコアでは審美性を落としてしまいます。

セラミック治療にはおすすめの「ファイバーコア」について

「ファイバーコア」とは、細いグラスファイバーの繊維を樹脂で固めたピンのような材料です。それを用いて土台を製作します。通常は金属で土台を製作する場合があるので、光の透過性が悪くなり黒ずんで見えることがあります。「ファイバーコアポスト」は天然歯に似た光の透過性があり美しく自然な仕上がりになります。(写真:左側がファイバーコア)

 

ジルコニアグラスファイバーポスト

ジルコニアとグラスファイバーを融合させたジルコニアグラスファイバーは、複合型ハイブリッドなので優れた弾性と高い曲げ強度を示します。また、より美しく自然な仕上がり期待できるため、天然歯に迫るダイナミックな色調再現が可能になります。